2010年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ベルジャンチョコレート

カテゴリー
最近のブログ記事
アーカイブ
関連リンク集
食の大正・昭和史 第八十五回
2010年07月28日

『食の大正・昭和史---志津さんのくらし80年---』 第八十五回

                              月守 晋


●鞍山製鉄所

満鉄の鞍山製鉄所が銑鉄の販売を開始した1919(大正8)年には第1次世界大戦のさ中だったので価格が高騰しトン当り125円だったが、大戦が終結した20年には77円、翌21年には46円に暴落したと『満鉄四十年史』(財団法人満鉄会編/吉川弘文館/2007年)が述べている。 「予定していた製鋼工場の建設は中断され……第二高炉も19年度中に完成したが操業を見合わせ……」という状況に見舞われたと。

もともと鞍山の鉄鉱石は鉄鋼含有量が40パーセント以下という貧鉱だった。 これを製造現場所員の研究が実を結び特許を取得した「還元焙焼法」によって乗り切り、第二高炉も稼働させることによって20年に91円19銭だったトン当り生産コストを第二高炉稼働後の28年には28円52銭にまで引き下げることができたという。 蘇崇民(元吉林大学日本研究所教授)の『満鉄史』によると毎年、日本政府から100万円の補助金が下付されていた、と書かれているが、鞍山製鉄所は創設時から官営の八幡製鉄所の支援を受け初代所長も八幡の技師であり、操業開始時に百数十人の八幡の熟練工が家族とともに移住してきていたのである。

しかし赤字体質に変わりはなく、生産を開始した1919年から1933年の15年間のうち黒字を計上したのは28年と29年の2年間だけで、15年間の累積赤字額は3321.6万円に及んでいる(『満鉄四十年史』)。

こうしたなかで製鉄所の組織改編がこころみられたが満州国の建国(1932[昭和7]年3月)以後の33年、鉄鋼を一貫生産する昭和製鋼所となり、37年には満州重工業開発株式会社の系列下に入っている。

むろん、こうした実情を把握したうえで、哲二が鞍山へ向かったとは思えない。

しかし哲二は鞍山に到着してほどなく小山さんの手引きで製鉄所の臨時雇工として働きはじめた。

製鉄所は工場用地、水道用地、市街地用として合計1996万平方キロの土地を買収していた。 製鉄所の「付属地」として「10万人規模を想定した市街地は製鉄所からの煤煙(ばいえん)を避ける位置に建設され、幹線道路は幅36メートル、駅前と中央通りには方形広場が」設けられていた(『満鉄四十年史』)。

哲二が渡満した1933(昭和8)年より2年前の31年、鞍山には6606人の日本人と9337人の中国人が住んでいた。 (『満州の日本人』塚瀬進/吉川弘文館/ちなみに日本人人口が最も多いのは奉天(瀋陽)の2万3739人。 長春(新京)には1万630人が住んでいた)

そのほとんどは製鉄所の社員、工員だったろう。

鞍山の市街は奉天へ向かう鉄道路線に沿って南北に延びており、駅から北東方向に東方連山と呼ぶ丘陵地があり、その小高い丘に鉄条網で囲まれ、守衛の常駐する三笠街と名づけられた住宅地があった。
広い庭つき、世界でも最新式といわれる暖房装置が設備された25軒の住宅である。 ここに住める家族は帝大工学部などを出たエリート社員一家であり、各製造課の課長を務める夫・父親を持つ人びとであった。

この住宅地の隅に巨大なボイラーの建物があり、各家庭にパイプでスチームが送られていて冬でも薄着でくらすことができた。

製鉄所に就職したときの初任給が110円(民間会社の大卒初任給は60~70円)だったという。

製鉄所に臨時雇いとして働きはじめた哲二がどれほど稼げたかは不明である。 当時日本内地では施盤工の日給が2円25銭だった(『時事年鑑』昭和9年)。 生活費の高い満州では日本内地の2割増しといわれていたから、その計算では1日2円70銭、月に25日働くとして67円50銭になる。


阿古真理
2010年07月28日

43「カルビーのかっぱえびせん、昭和39(1964)年。江崎グリコのポッキーチョコレート、昭和41(1966)年。森永の……」
    

   『うちのご飯の60年』阿古真理/筑摩書房/2009年

『うちのご飯の60年』には「祖母・母・娘の食卓」と副題がついています。 著者の阿古さんはノンフィクションライターで生活史研究家と紹介されています。 1968年の生まれです。

この母娘3代にわたる「食生活史」は祖母の土間の台所、母の板の間キッチン、娘のにぎやかな食卓の3部に分かれ上掲の文章は娘のにぎやかな食卓の第11話の冒頭の部分。

この文章につづいて「森永のチョコフレーク、チョコボール、昭和42(1967)年。森永の小枝チョコレート、ヤマザキナビスコのリッツ、東鳩のキャラメルコーン、昭和46(1971)年。……」と昭和50年までに発売されヒットした市販のおやつが列記されています。

著者によれば、著者が「子どものころに出合い、今も愛してやまない市販のお菓子のほとんどは、私が生まれた昭和43(1968)年の前後10年ぐらいの間に出そろっている」そうです。

著者の母は昭和14(1939)年に広島県山縣郡筒賀村(現安芸太田市)で生まれました。 母親の秀子さんは10歳ぐらいのとき、広島市で働いていた一番上のお姉さんをたずねて行ってアイスキャンデーをご馳走してもらいました。 ソーダ色やピンク色のカラフルなキャンデーを喜んで2本も3本も食べているうちに、おなかをこわしてしまったそうです。

筒賀村で著者の母親が食べたおやつはみな著者の祖母の手づくりの干し柿、かち栗、むかご、トウモロコシ、蒸したサツマイモなどで、村のよろず屋が扱いはじめたアンパンやクリームパンが目当てで母親の秀子さんたちは稲の草取りや稲刈りなど親の(つまり祖父母の)手伝いをしたと書かれています。

母親の秀子さんは昭和39年に関西で新婚生活をスタートさせました。 農村風景の残る郊外の賃貸アパートでくらし始めた秀子さんは新婚の3ヶ月間、1日も同じ料理を食卓にのせなかった、といいます。

秀子さんが新米主婦だった昭和40年前後は主婦雑誌の全盛期で、別冊付録は料理本が主流だったのです。

やがて子ども(つまり著者姉妹)を持った秀子さんはホットケーキやドーナツを手づくりでおやつに食べさせるのですが、昭和50(1975)年に1戸建住宅に引っ越すと間もなく念願のガスオーブンを手に入れ、おやつにクッキーやマドレーヌ、ケーキなどを焼き始めます。

著者も手を出してお菓子づくりを手伝い、作り方を教わります。

星やアヒル、ひいらぎの型でマドレーヌより硬いタネを抜いて焼きあげたクッキーは、スーパーで売っているどのお菓子より、お土産にもらう缶入りクッキーよりおいしかったと回想しています。



食の大正・昭和史 第八十四回
2010年07月21日

『食の大正・昭和史---志津さんのくらし80年---』 第八十四回

                              月守 晋


●転職先を探す

家庭の経済的崩壊を避けるためにはまた新たに収入のいい仕事先に移るしかないと転職することを決心した哲二が相談したのは“小山さん”だった。 小山さんは哲二がまだ独身で京都市電の車庫で修理工として働いていた時分の先輩であり、哲二が日常的に食事の世話を受けていた「すずめ寿司」の常連でもあった。 年齢は小山さんのほうが一回りほども上だったが温厚な世話好きで頼りになるひとだった。

小山さんは哲二が世帯を持つ前の年に3人の子供を連れて「満州」に渡り鞍山(あんざん/以下地名は日本語読みで表記)の製鉄所に勤めていた。 哲二とは文通によってお互いの消息を知らせ合い交友が続いていたのである。

昭和7年に生まれた長男にひきつづき、父親新二郎が逝った8年の初冬に次男が生まれていた。 そしてさらに翌9年の初夏には志津さんがまた身籠っていることがわかった。 男の子の年子につづいて第3子が生まれるとなれば、哲二・志津夫妻は結婚後4年にして3人の子持ちになるわけである。

ぐずぐずしている暇はなかった。

さいわい哲二の転職相談の手紙に小山さんから懇切な内容の返事がきた。それには「こちらへ渡ってきてすぐ正規社員になれるわけではないが、臨時の仕事なら口はあるから喜んで紹介する」というものだった。

外地の満州であれ臨時工であれ贅沢は言っていられなかった。 内地(日本国内)には200万人を超す失業者が巷に溢れているのである。 いま現在の勤め口より条件の良い仕事口が見つかるとは思えなかった。

満州へ渡る決心をつけると、哲二はまず預かっていた妹のナツを故郷へ送り帰した。 引き替えに兄から遺産分けだと幾ばくかのものが送られてきた。 それが渡航の費用になり残していく志津さんと2人の子どもたちの生活費になった。

哲二は昭和9年10月、単身で満州へ渡ったのだった。

小山さんの勤めていた鞍山製鉄所は後にやや詳しく述べる「満鉄コンツェルン(多分野にわたる企業を統括する総合企業対)」が1918(大正7)年5月に設立した会社である。 

鞍山は現在は中国東北部の遼寧省と呼ばれる地区にある。 遼東半島の最南端に位置する大連市から約300km北上した地点である。

鞍山に鉄鉱石が埋蔵されていることを発見したのは満鉄地質課長の木戸忠太郎だという。 この人は明治維新の元勲木戸孝允の次男にあたる。 木戸孝允は幕末、京都で倒幕運動に活躍した長州藩士桂小五郎のことである。 現在放映されているNHK日曜日の連続TVドラマ『竜馬伝』にも重要な脇役として登場している。

鞍山の鉄鉱石を発掘利用する権利を日本が獲得したのは1914(大正3)年のことであった。 この年7月第一次世界大戦が勃発するとイギリスの要請を受け入れて日本は8月に参戦、ドイツに宣戦を布告してドイツが権益をもっていた山東半島を攻略してその権利を手中に収めた。

さらに満蒙地域の事実上の日本領土化ともとれる「二十一カ条の要求」を当時の中華民国袁世凱(えんせいがい)政府に突きつけこれを承諾させた。

この条約は中国国内に反日民族運動の嵐を引き起こし、やがて1919年の全国的な民衆運動「五・四」運動に発展するのだが、ともあれこの条約によって認められた鉱山採掘権を活用して鞍山製鉄所が誕生したのである。

満鉄は3000万円を投資して銑鉄100万トン、鋼材80万トンの生産を目的に1919年4月、第1高炉の火入れが行われた。

第1年目の生産額は3万1620トンに過ぎずトン当り販売価格は125円だった。

  注:『年刊満州』康徳8(昭和16)年版に「唐の太宗が高麗遠征の際この付近で製鉄を行い、その時の採掘跡が鞍山製鉄所の鉱区内で発見されている」とある。


浜なつ子
2010年07月15日

42先生はチョコレートケーキを一口食べ、「君、これ、ちょっと食べてみさい」
    

   「すきとほった」食べ物/『アジア的生活』浜なつ子/講談社文庫

上掲の文章の後に、「と、シャーロック・ホームズが相棒のワトスンを諭(さと)すような口調でわたしに言った。」と続きます。

“先生とわたし”は「イギリス文学散歩」という連載ものの取材のためイギリスに来ているのです。 ちなみに“先生”は写真家で「風貌に似合わずチョコレートケーキがお好き」な方なのです。

そう言われてケーキを口に入れた“わたし”は「うわっ、これはすごい。実力としていままでで五本指の中に入りますね」

「うん、三本指の中に入れてもいい」

といっても、それほどまずかったということ。

七十日間もの滞在の間イギリス各地で食事をした“わたし”は「次第に「まずいもの」を食べるとうれしくなるという自虐的な精神が生まれるようになっ」ていました。

『イギリスはおいしい』などイギリスの生活・風物をテーマにしたエッセイで著名な“リンボー先生”こと林望さんも、イギリスの食事のまずさについては「わざわざまずくなるように」料理をしていると嘆いておられます。

さて数日後、著者と写真家は『嵐が丘』の舞台となったハワースへ向かいます。 この小説はごぞんじのようにエミリー・ブロンテの作品。 エミリーの姉シャーロットが『ジェイン・エア』の、そして妹アンが『アグネス・グレイ』の著者で3姉妹そろってイギリス文学史上に名を残しています。

『嵐が丘』の舞台となった荒涼たる原野をいい写真を撮るために7,8時間も歩いた翌日、小説の中でペニストンクラッグと名づけられた巨岩を撮影し、昼頃ハワースに戻って来て昼食のために構えの立派なレストランに入ります。 写真家が数少ないメニューの中に“スカンピ”を発見して、

「お、スカンピがある」

「スカンピって何ですか」

「川えびだよ。 イタリアのオルヴィエートで食べたスカンピの網焼きは最高だったな」

というやりとりがあり、店のマスターの「トゥディ スカンピ イズ ベリーグッド」という後押しもあって写真家はスカンピ、著者はチキンを注文します。

やがて2人の前に出されたのは同じ形の幅2.5センチ、長さ10センチの長方形のものが二つずつ。 見た瞬間それが何かがわかったのです。

「おお、ラブリー! 冷凍食品!」

さて見出しになっている「すきとほった食べ物」のこと。 この言葉の出典は宮沢賢治の『イーハトーヴォ童話 注文の多い料理店』の序文にあり、物語の何かが読者の「(心)のすきとほったほんとうのたべものになること」を願っているとしるしているのです。

著者浜なつ子さんにとっての「すきとほった」食べ物はラオスの奥地の村で食べた「カウニョオー」と呼ばれるもち米で、「高原を走る白馬の味」だったそうです。


食の大正・昭和史 第八十三回
2010年07月14日

『食の大正・昭和史---志津さんのくらし80年---』 第八十三回

                              月守 晋


●生活苦

次男哲二夫婦のくらす京都朱雀御坊跡の長屋に末娘のナツが広島の田舎町から出てきたのと入れ替わりに、しぶしぶ故郷に帰っていった舅の新二郎は数ヵ月後に病の床につくとあっけなく亡くなってしまった。

哲二と志津は比呂美を連れて葬儀に出席するために哲二の生まれ故郷に向かった。 哲二にとっては高等小学校を出て以来12年ぶりの帰郷であった。

葬儀の終わった後で身内だけで撮った写真が残っている。 黒枠の新二郎の写真の下に哲二の末弟の人士、その右隣が兄一郎、比呂美を抱いた哲二、すぐ下の弟逸司、そして親戚の某、人士の左隣が一番上の姉の夫、その左に妹萩野の夫、親戚の某、左端が新二郎の生家である酒造家美也正宗の当主。 この人は鼻の下に形良くひげを蓄えている。

全員がすわっている前列の左端は親戚の最長老でこの人は見事な真っ白い顎(あご)ひげをのばしている。 その右へ順にナツ、萩野、長姉の長男、長姉綾野、親戚の某女、一郎の妻、親戚の某女、志津さん、親戚の某と並んでいる。

この地方の風習なのか、あるいはこの時代はそれですんだのか志津さんも哲二の姉妹も裾模様の入った黒い式服である。 同じ日に前栽を背景に同じ身なりで撮った哲二と志津夫妻の写真も残っている。 こちらのほうは結婚の記念写真として身内や親戚に配ったものらしい。

この時、長男比呂美は誕生日前の赤ん坊で志津さんのお腹には第2子がすでに育ちはじめていた。

哲二は京都市電の修理工から転じて国鉄(JRの前身)の修理工場で働いていたが、くらしは逼迫するばかりであった。 当時、哲二が国鉄の工場でどんな身分で働きどれほどの収入を得ていたのかは不明である。 正規の工員ではなく日給で働く臨時工のような立場だったろうと思われる。

1929(昭和4)年10月24日のニューヨーク株式市場の大暴落、いわゆる“暗黒の木曜日”に始まった世界恐慌の影響は翌年には日本にも及び“昭和恐慌”と称された深刻な不況期をもたらした。

産業界は操業時間の短縮や人員整理で対処したが輸出は前年比20パーセント以上も激減した。

悲惨だったのは農家で、不況によって物価が大幅に下落するなかでも農産物の低落はいちぢるしく昭和5年は“豊作飢饉”状態におちいった。 これは農家が買い入れる工業製品の価格に比べ農産物価格の低落がはげしいために起きた格差現象であった。

翌6年、とくに東北地方の農家は冷害による凶作に苦しみわずかな借金のために娘を身売りする家が続出した。

昭和8年には一転して米作は大豊作となったが(水陸稲の収穫量が7000万石を越す)、翌9年は西日本の旱(かん)ばつ、関西地方の室戸台風による被害(9月21日、死者・行方不明3036人、全壊流出家屋4万戸)、東北地方の冷害が重なったために前年より約2000万石も収穫量が落ちている。

安定したくらしを希んで国鉄に転職したのは、何年か臨時工を勤めていれば正規の職工に採用されるだろうという希望が哲二にはあったためである。 しかし生産制限や労働時間の短縮・企業倒産などによって経済全体が縮小してしまっていたから物と人を運ぶ輸送業が拡大発展に向かうはずはなく、そうであれば哲二の希望がかなう日がいつのことになるのか全く見通しは立てられなくなっていた。

哲二は散々頭を悩ました挙句、ふたたび転職を考えた。

転職先は「満州」であった。 幸い満州には小山さんがすでに渡っていた。 


ブログ内検索

ブログ内の記事をキーワード検索
関連リンク
メールマガジン
当ブログを運営する(株)ベルジャンチョコレートジャパンで発行するメールマガジンは、チョコレートをこよなく愛する皆さまを会員として特別なイベントや商品、レシピの紹介などをしています。ご興味のある方は是非ご登録ください。
メールマガジンを購読
メルマガバックナンバー
Copyright (C) 2007 Belgian Chocolate Japan ,Ltd. All Rights Reserved.